日々是好日

そのさびをつれづれなるままに

義妹の独立騒動

叔母のサトヤマ家で育った義妹達は双子で、高卒後の就職も同時。アイコは勤務地で一人暮らし。もう一人の義妹ケイコは個人で仕事を始め、サトヤマ家での生活を継続することになった。途中、結婚話が持ち上がったりもしたが、まだ若いからと叔母に反対されたことで彼氏のテンションも下がり、じきに別れてしまった。

それが独立する良い機会だった。後に再度独立しようと考えたところで、気付けば「資金」はどこへやら。もう大人になったのに、ケイコの通帳は叔母が保管していた。小遣いはキャッシュカードで都度下ろす。しかし、通帳もそろそろ自分で管理したい。会社勤めではなく、個人事業主だから尚更である。各々の仕事の稼ぎで幾ら振り込まれたのかが分からないなんて異常だし、何より問題が起こり得る。なのに、しまいこんであるから大きな買い物をする時になったら出してあげる、などと言い、取り合ってくれない。

ケイコ本人は仄かに、それを打ち明けられたアイコは強烈に、叔母の態度を疑った。同じ家で暮らす叔母の実娘は、その家の何を手伝うのやら、引き篭もりに近い「家事手伝い」。実の息子はアルバイト。叔父の業種も不況で、彼等の暮らしぶりからも一家に金銭的余裕があるようには到底思えない。

義父はアイコからの訴えで、ケイコが困っていることを知った。ちょうどケイコが転職を考えていた頃で、それを理由にサトヤマ家を出て、義父の近くに部屋を借りさせた。通帳は返して貰ったが、ケイコはキャッシュカードを利用した時に残高の推移を細かくチェックしたりはしていなかった。ただ、自分の記憶にない出金がそれなりにあったらしい。

育てて貰った恩があるから、と言うが、ケイコが可哀想だ。自分達で稼ぐようになってからはともかく、それまでは娘達の生活費もきちんと渡して養育をお願いしていたのに……と、義父も妹(叔母)の仕打ちに嘆いていたそうだ。

 

f:id:rustrin:20170512121942j:plain

 

義父が渡していたという生活費の額は分からない。エイコさん曰く「十分な額」らしいが、生活にかかる実費に謝礼が含まれていたかどうか。子供を育てるには、お金だけでは解決出来ず、何かと手間がかかったことだろう。

サトヤマ夫妻は人当たりが良い反面、意外と腹黒い。

広告を非表示にする