日々是好日

そのさびをつれづれなるままに

架橋となる

義父の見舞いで手持ち無沙汰になるのは、実娘である義妹達も同様だった。家庭環境が複雑な故、元々交流が少ない。更に金銭トラブルもあって、流石に有耶無耶になっているが、義父とは疎遠にしていた。

 

入院後の義父の状態にあまり変化が無かったため、私と旦那以上に、義妹達が見舞いに行く回数は少なくなっていた。そんな義妹達は義父に興味がないのだろう、とエイコさんは解釈し、私達には時々連絡しても、どうせ来ないのだからと義妹達にはそうしなかった。義妹達もエイコさんには何となく連絡が取り難い。これは彼女自体がトラブルの根源だから印象が悪いのと、彼女との電話が無駄に長くなる傾向があるのも一因な気がする。ともあれ、互いに連絡がないので、見舞いの足が余計遠のき。

そこで、義父のことで我が家に連絡があった時に「じゃあ義妹達にも伝えておきますね」と、私経由で彼女達にメールで知らせることにした。エイコさんとしては伝える労力が省けるし、互いを微妙に思うエイコさんと義妹達の接触も減らせる。

私と旦那が見舞いに行く際に日時を知らせると、義妹達もそれぞれ「ならば私も行く」と返事して来ることが多くなった。単独では行き難くても、誰かが居れば。顔を合わせる機会の少ない彼女達と話せて、私も楽しい。もはや見舞いそっちのけとなり、エイコさんには厭味を言われたが。

 

f:id:rustrin:20170521154035j:plain

 

人工肛門の話が出てから一ヶ月。義父の便秘は改善されず、食事量が更に減り、この一ヶ月で急激に痩せた。殆どの時間をベッドで寝て過ごしている。「思ったよりも早いかも」と医師が言った。期間は言わなかった。介護の仕事に就き、このような状態の人を多く見ている義妹ケイコは、「あと半年か……三ヶ月くらいかな」という推測を述べた。

癌を宣告された時、いや、最初に救急車で運ばれ集中治療室に入った日にも覚悟はあったが、いざそれが近いとなればやっぱりショックだね、と旦那や義妹達がしみじみ言う。

私が彼等にしてあげられることはこれまでと変わらず、エイコさんからの報告を受けるか自分が会った時の義父の様子を伝えて情報を共有し、もう必要ないかもしれないが見舞いに行くよう促すくらいだ。

それ以外の感情は、私には特に無い。

広告を非表示にする